DupliCALL新しい技術で、セキュリティ監視の録音とビデオ管理システムのデータ統合管理される特長で、録音とビデオカメラ録画の実現で本来の録音システムの不足を補う。今まで取得不可な対面会話とビデオカメラの記録と電話録音を統合され、企業にセキュリティ監視と電話システム監視の連携で、監視の検索、分析、アラーム、管理容易性の実現が出来ます。

 

应用部署

 

背景紹介

従来の録音システムには2つの課題があります。その1、取得不可な対面通話システム、多くのコミュニティはビデオカメラ技術が搭載され、通話録音のみで、ビデオカメラの内容が記録できません。また、録音ファイルのサイズが膨大で、長期保存するとストレージ容量が高いです。その2、セキュリティの要求が高くなり、技術標準や開発インタフェースで、ユーザーからシステムの統合管理の要望が増え、管理コストが抑えて、利益増加になります。

 

商品機能

  • ビデオカメラと音声の同時記録

カメラ付きで会話の流れを記録され、高機能性のビデオ解析度の対応で、ユーザーが音声と画像が同時に再生することができます。

  • ファイルストレージコスト削減

音声ファイルがG.729圧縮形式で、帯域 8Kbps使用、一般エンコードの1/8です。ビデオ付きのファイルがH.264圧縮形式です。同品質の効果でH.264技術を利用で、ネットワークと帯域使用量の負荷減少、ファイルストレージのコスト削減ができます。

  • システム統合、一括管理

音声とビデオをサーバーで統合管理され、管理者がビデオ付き録音の一括管理、検索ができます。ユーザーがファイルの保存時間をカスタム可能、ファイルのエクスポートとバックアップ機能があります。

  • アラーム、検索、クエリ

システムが自動処理で、データ分類とインデックス作成により、管理者がキーワード情報で、録音ファイルとビデオカメラ付きのファイルを素早くに検索することができます。

残ストレージスパースが設定値より小さい場合、システムが指定された方法で管理者に通知します。

DCLog多様な検索条件、日付、時間、発信者番号・着信者番号、発着信、通話時間など。録音ファイルにカスタムラベル追加とカテゴリ別で管理できます。